EDUCATION 教育・研修情報

精神保健指定医研修会

厚生労働大臣登録研修機関として、公益社団法人日本精神科病院協会並びに公益社団法人全国自治体病院協議会及び一般社団法人日本総合病院精神医学会は「精神保健指定医研修会」を開催いたします。

【更新研修会】※中止※
本年度の精神保健指定医(更新)研修会は、昨今の新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況、また感染拡大防止の観点より、厚労省と検討・協議を重ね、全ての更新研修会の開催を中止することといたしました。

研修会開催の中止に伴い、厚生労働省より、本年度更新対象の先生方は、法第19条第2項に定める「やむを得ない理由が存すると厚生労働大臣が認めたとき」に該当するとして、理由にかかわらず、その有効期限を一律に1年間(令和4年3月31日まで)延長する措置を講じる旨の事務連絡が発出されました。【事務連絡・通知】
本措置は、一律に行うことから、指定医証の有効期限を読み替えることにより、本人からの延期申請手続き、指定医証の再発行は不要となります。

◎ 受講申込済みの先生には、申し込みされた研修会の主催団体より、中止のご連絡を送付いたします。(8/7予定)
◎ 未申込者には、郵送での通知は送られませんので、本ページにてご確認ください。

なお、来年度の研修につきましては、現在、厚労省と検討を行っております。然るべき時期に、自宅住所地に研修会のご案内をご通知いたしますので、住所、勤務先に変更が発生した場合は、遅滞なく、住所地の担当課に届出(様式3-1様式2)をお願い申し上げます。(研修団体のHPに掲載しております)

~失効者の取扱い~
本来は昨年度(令和元年(平成31年)度)が受講対象で、令和2(平成32)年3月31日(指定医証の有効期限)をもって指定医資格を失効しており、更新研修の受講により再指定を受けるためには、令和3(平成33)年3月31日までに、「失効後1年未満」の申請書(様式1-2)住所地の担当課にご提出いただく必要があります。
つきましては、本年度の研修を受講の上、上の申請を予定されていた場合は、申請手続きについて、余裕をもって住所地の担当課にお問い合わせ・ご相談いただくようお願いいたします。
施行後2年が経過してしまいますと、完全に指定医が失効となりますのでご留意ください。(指定医証の有効期限:平成32年(令和2年)3月31日の先生)
※今年度の受講申し込み後(又は研修会パンフレット到着後)に住所が変更となった場合は、研修団体にご連絡をお願いいたします。


【新規研修会】
本年度の精神保健指定医(新規)研修会は、更新研修よりも少ない人数での開催となること、申請希望者への権利制約の度合い、及び精神保健福祉行政への影響について、現下の状況による開催のリスクを考慮しても、開催しないことによるデメリットが非常に大きいと認められることから、8月4日時点では開催することとしております。
なお、今後の新型コロナウイルス感染症の発生の状況によっては、新規研修会についても中止となる可能性が有ることをご承知おきください。

また、現在、新規研修はどの会場も定員に達しており、受付を締め切っております。
本年度は、新型コロナウイルスの関係で、会場の収容率との関係で座席数を増やすことができません。
申請を予定されている方は、受講希望回の主催団体にご連絡ください。
※キャンセルが出ると、申込画面の「締切り」が「申込む」に切り替わります。
更新申請のための研修会について ※中止※

対象:現在所持されている指定医証の有効期限が平成33年3月31日の精神保健指定医
 ・更新対象者の指定医証番号
 ・開催日程、会場、定員、Web申込について
 ・研修会案内書について


新規申請のための研修会について

対象:新たに精神保健指定医取得を目す方
 ・開催日程、会場、定員、Web申込について
 ・研修会案内書について


通知・関連書式

 ・厚労省からの通知等
 ・新規・更新申請の関連書式ダウンロード
 ・新規申請の際のケースレポートの表紙について


問い合わせ先(受付時間 10:30~17:30)
(公社)日本精神科病院協会 指定医研修係
メールでのお問い合わせはこちら
TEL:03-5232-3314  FAX:03-5232-3315