第8回日本精神科医学会学術大会(札幌)
演題募集と参加者募集のお願い

 この度、2019 年 7 月 4 日(木)、 5 日(金)の両日、北海道・札幌の地で第 8 回日本精神科医学会学術大会を開催いたします。

 新しい元号になって初めての大会になります。大会テーマは、「現在から未来へとつなぐ精神科医療― 北の大地からのチャレンジと創造―」。

 精神科医療は大きく変わりつつあります。かつての統合失調症中心の医療から、現在は発達障害やうつ病などストレス疾患、急速な高齢化に伴う認知症の増加、地域包括ケアシステムの動きなど、診断・治療や精神障がい者の地域支援に向けた取り組みなど大きな変革を迎えようとしています。

 大会では、会長講演、特別講演、招待講演、教育講演の他、講習会として身体合併症、m-ECT、感染対策、DPAT を予定しています。各委員会からのシンポジウムやアルコール関連の地区プレゼンツシンポジウムと精神科病院での喫煙対策の特別シンポジウムを企画しています。また、バーチャル体験、高齢者疑似体験、看護学生との座談会など、実際的で楽しく学べる企画もあります。

 本大会は、医師、看護職をはじめ、多職種が一同に会し様々な角度から意見を交わせる貴重な場となります。是非、「チャレンジと創造」のある一般演題(スライド・ポスター)の応募をお願いします。

 北海道の7月は、さわやかな日が続く、1 年でも最も快適な時期になります。北海道名物の毛蟹や花咲蟹は、丁度旬の季節です。是非、避暑を兼ねて北海道・札幌にお越し下さい。
 参加登録を宜しくお願い申し上げます。

演題登録・参加申込はこちらから→第8回日本精神科医学会学術大会

(理事・大会実行委員長:中島公博)

 

このページの先頭へ