認知行動療法研修会 受講者募集のお知らせ

 公益社団法人日本精神科病院協会日本精神科医学会は公益目的事業「精神保健医療福祉従事者の人材育成及び教育研修」として、精神保健医療福祉に従事する皆様の医学的知識の向上を通して精神医療の質を高め国民の利益の増進に寄与することを目的に各種研修会を実施しております。その中の一つである認知行動療法研修会は学術研修分科会が担当で平成23年に第1回を開催し、その後毎年2回開催しております。

 今年度の第2回目通算第13回は10月5日(木)6日(金)の2日間、第一ホテル東京シーフォートで開催いたします。認知行動療法研究の第一人者である大野裕先生と田島美幸先生が講師であり研修の水準は非常に高いものとなっております。病院に勤務する医師、看護師、精神保健福祉士、臨床心理技術者、作業療法士、薬剤師を受講対象者としております。
 本研修会は2016年度の診療報酬改定で新設された医師とチームを組んだ看護師による認知行動療法算定を可能にするための基準の一つである「二日間研修」に相当するものでもあります。この研修により、自分自身の感情や考えの整理法、他者の考え方の理解を深める方法、心に寄り添うとはどういうことか等、今までの経験で自分なりに理解し実践してきた臨床を見直すことができ、さらに新たな発見を得ることができると考えております。ご存知のように、看護師による認知行動療法の実施要件は非常に厳しいものとなっておりますが、その要件獲得のためだけではなく、二日間研修によって得ることができる知識は必ず日常診療の水準向上につながるものと確信しております。
 多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

(理事 伴 亨)

詳しい開催案内、プログラム等はこちらからご確認ください。

 

このページの先頭へ