第6回日本精神科医学会学術大会 演題募集

 この度、第6回日本精神科医学会学術大会を日本精神科病院協会(以下、日精協)中国四国地区担当で、平成29年10月12〜13日の両日、広島国際会議場において開催する事となりました。
 
 本学会は、日精協が公益性を持ち、医療水準の向上に向けたさまざまな取り組みの一環として位置づけられます。公益法人化時に日本精神科医学会と改称、改組し、今回第6回を迎えることになりました。改組までの日本精神病科院協会精神医学会は、創立30年後の昭和55(1980)年、精神病院管理者研究会を日本精神病院協会精神医学会と改称し、今学会大会は日精協学会としては第45回にあたり、中国四国地区担当としては平成21年の第37回日精協精神医学会、香川大会以来の開催となります。
 本学会は、日精協1,200余会員病院に勤務する精神科医はもとより、広く精神科医療に従事する全職種が参加する年1回の全国大会です。最近は1,500名を超える参加者があります。今学会のテーマを、「多様化する精神科医療 ~当事者と治療者、医療、介護、福祉、共存共栄の‘かたち’~」とし、会長講演、厚生労働省担当部局講演、招待講演、教育講演、そして、特別講演などが予定されています。また、平成30年は医療保険と介護保険がともに見直される年度となることに加え、診療報酬の改定年度でもあり、この大きな節目を念頭に各シンポジウムの充実を図り、将来を見据えた精神医学の研鑽、研修の場としたいと考えています。また、一般演題のスライド発表及びポスター発表等で日々の研究成果を発表して戴き、日本の精神科医療の発展と向上の一寄与となることを目指しております。公開講演会にて、一般の人たちへのこころの医療の啓発も行う予定です。是非この機会に演題を一人でも多くの方々に応募していただき、日頃の成果を発表していただき、内容を共有し議論を深め、さらなる精神科医療の発展と相互交流の場としていただきたいと願います。
 
 演題募集の詳細は第6回日本精神科医学会学術大会のホームページを参照いただければと思います。広島国際会議場でお待ちしております。
 

(第6回日本精神科医学会運営委員 松田文雄)

 

このページの先頭へ