日本精神科医学会学術教育研修会
栄養士部門 受講者募集のご案内

伊勢志摩サミットが開催されてから8ヶ月が経ちました。
 
 今回、三重県伊勢市に於て、公益社団法人日本精神科病院協会日本精神医学会学術教育研修会「栄養士部門」を三重県支部で開催することになりました。『精神科医療における栄養管理~人に寄り添う精神科栄養士をめざして~』をテーマに掲げ、精神科医療において栄養士が出来る事、また、栄養士として何を期待されるかを考える研修会にしたいと考えています。
 
 現在、身体科医療機関に於て少子高齢化・人口減に対する「地域医療構想」のもと、2025年に目指すべき医療提供体制が協議されています。病院、有床診療所(以下病院)では、地域と連携をとりながら病床の機能分化、病院・病室の環境整備、提供可能サービス、人材育成等が計画され実行されてきていて、私達の会員病院のかなり多数が関係しています。精神科病床でも入院患者高齢化につれ合併症が増加していて入院中の安らぎ、楽しみでもある食事に治療食が加わってきています。適切な食事提供菅理は退院、社会復帰の為にも大事であり病院栄養士としての仕事は益々重要かつ高度となってきています。
 
 伊勢神宮は江戸時代より、「お伊勢参り」として全国からの参拝者があり、最近の62回式年遷宮の年(平成25年)には、年間1000万人を超えました。この地は古来、日本書記に「御食園志摩(みけつくにしま)」と記され食材も豊富で山海の珍昧にも恵まれています。伊勢志摩国立公園の地でもあります。
 
 皆さまのご参加を心よりお待ち致しております。
 
【日 程】 平成29年6月29日(木)~30日(金)
【テーマ】 「精神科医療における栄養管理」~人に寄り添う精神科栄養士をめざして~
【会 場】 神宮会館 三重県伊勢市宇治中之切町152
【定 員】 200名
 

▼詳細は⇒学術教育研修会 栄養士部門へ

日本精神科病院協会三重県支部
支部長 齋藤純一

 

このページの先頭へ